力走 pt.2
撮影場所名古屋本線 小田渕~国府間
メーカーPENTAX
カメラPENTAX K-7
撮影日時2015-07-20 16:20:12
露光時間1/2000 sec
絞り値f/4
ISO感度1000
焦点距離17 mm
焦点距離
(35mm換算)
25.5 mm

6月頃に撮影した小田渕付近の写真とほとんど同じアングルで撮影した一枚です。

以前撮影したのは残念ながら鈍色の雲が広がっていたのでデジタル処理で無理やり色を出しました。そっちもすごくいい写りではあるのですが、やっぱり無理やり色を出した所があるので、もっといいコンディションで撮影したい気持ちがありました。

その一ヶ月後に撮影したのがこちらの写真。シャッタータイミングはベストとは言えませんが、パノラマSuperの中で一番、いや、今まで撮影した数多くの写真の中でかなり上位に組み込むほどの良い写真を撮れたのではないかと思います。もちろんRAW現像も何度も試行錯誤して自分にとって一番いいと思うものを引き出しました。

撮影してビックリしたのが展望席の前面窓に反射する雲の模様。合成じゃないです、本物です。この写り込みは奇跡としか言いようがないと思っています。

さらに嬉しいのはこの列車が1030系1132Fだということ。足回りがパノラマカー後期形である7500系からのお下がりでなんと1967年製造。同系列の1133Fが廃車となった直後の撮影ともあり、感無量でした。

この写真は自分にとって色んな意味で最高の写真だと思っています。