新幹線 E7・W7系

解説

編集日:2015年3月14日

2015年春に開業予定の北陸新幹線長野~金沢間の開業に伴い開発された新幹線。共同運行するJR東日本とJR西日本が共同開発を行う。JR東日本は新幹線の形式ナンバリングに基づきE7系として、JR西日本はW7系として導入する。

長野新幹線のE2系同様、電源周波数が異なる区間への対応や、30‰勾配区間に対するブレーキ性能の向上などが行われている。また、全線に渡り最高速度が260km/hに抑えられているので先頭のノーズが比較的シンプルな形状になっている。

車両のトータルコンセプトを「大人の琴線に触れる『洗練さ』×心と体の『ゆとり・解放感』」とし、外観は高速車両としての造形と日本の伝統的な色使いをイメージしている。
カラーリングはアイボリーホワイトをベースに上部に空の青さを表現した空色、帯色には日本の伝統工芸である銅器を表現した銅色が施されている。

E5系と同様グランクラスが配置されており、それぞれのクラスで車内の雰囲気が大きく異なるのが特徴。
グランクラスは「高めあう和」をテーマに黒や茶色を外壁やカーペットに使うことで上質な空間を引き出し、グリーン車は「和風の和」をテーマに空色を基調にしたシートやカーペットにより爽やかさが広がっている。普通車は「集う和」がテーマになっており、シートは下部が黒、上部が赤のシートで、彩りのある空間を演出している。
なお、全座席にモバイル用コンセントがあるのも特筆事項である。

長野新幹線用E2系の老朽化に伴い、2014年3月15日のダイヤ改正により長野新幹線「あさま」としてE7系が投入されており、順次置き換えが進んでいる。
2015年3月14日開業の北陸新幹線では長野以北のすべての列車に充当されるほか、長野止まりの「あさま」の大半において運行されている。

※編集日が古い場合は情報が古い可能性があります。

その他の写真

更新日:2016年2月28日
写真をクリックすると拡大用のページに移動します。

管理人の編集後記

更新日:2014年6月6日

東京に出張に行った時にダイヤ改正後間もないE7系を見に町田のホテルから飛び出し、夜10時の東京駅へ。
昼間だと記念撮影する人が多かったらしいんですが、さすがに人はまばらで、満足いくまで撮影できました。

個人的にはE7系のヘッドライトの形状がとてもお気に入りです。最近のJR東日本の車両はいわゆる「目」にあたる位置にヘッドライトがなかったりするので、この辺はJR西日本がテコ入れしたところなんでしょうかね?こういう先頭デザインに500系を彷彿とさせる親近感が湧きます。
運行区間も北陸、長野と比較的近い位置にあるので、是非乗ってみたいですね(こないだグランクラスの料金を調べたら運賃込みで長野から東京まで17,000円ということを知り、ますます乗りたくなってしまった)。