A21CリメイクA9自作街
「姫海島」PV公開のお知らせ

プロモーションビデオ

いつもUrban eXpress Museumをご覧いただきありがとうございます。

今年の4月11日のA21C姫海島公開に引き続き、A列車で行こう9でのリメイクを行った姫海島のプロモーションビデオ5月30日に公開します!
さらに、姫海島を走る全列車のテクスチャを公開します!

是非お楽しみに!

投稿動画

すでに投稿した動画はこちらに公開しております。コメント、感想などお待ちしております!

車両テクスチャ

姫海島の全列車の車両テクスチャは こちら で公開しています!

姫海島の概要

姫海島のマップ

姫海島は、2013年4月より開発を開始し、2015年4月に公開したUXMのA21C自作街第19弾のマップです。
その地形の制作だけで約2ヶ月かけた「水路が張り巡らされた島」を舞台にオリジナル塗装の旅客列車が走り回るマップになっています。

A列車で行こう9の姫海島は、A21C姫海島の世界から数十年経過した「未来」の世界の姫海島になります。
A21C姫海島の地形や街の雰囲気はそのままに、路線の延伸や駅の建て替えなどが行われ、より便利な鉄道網が島中に張り巡らされています。

「過去」の姫海島に残された課題

A21C自作街第19弾の姫海島には、未来の姫海島に向けて残されてしまった課題が大きく分けて二つあります。ここではその二つの課題を簡単にご紹介します。

姫海島の課題1

1点目は、姫海島の中心地が二つの駅に分断されてしまっていることです。
姫海道南線が乗り入れる姫海駅と、姫海道北線が乗り入れる新姫海駅があり、位置的にかなり離れてしまっています。

この状態だと姫海の中心街を通して南北を移動することが難しいため、両駅の中央付近を再開発の上、新しい姫海駅を設置する予定です。
さらに、新しい姫海駅は狭い土地ながら多くの発着ホームを用意する必要があるため、4面8線の2層構造の駅とする予定です。

 
姫海島の課題2

2点目は、島外への鉄路接続です。
姫海島には北と東に対岸があり、それぞれに鉄道橋を架ける計画があります。

北側の対岸へは姫ヶ丘駅から直接姫海道北線を延ばす形で敷設する計画が挙がっています。
こちらは対岸への距離が短く、水深も深くないため比較的早く開通できる見込みです。

東側の対岸へは、はたて橋駅から北に延びる貨物線を複線旅客化し、姫海白石駅から姫海道南線と90度で立体交差する形で高架橋を架ける計画が挙がっています。
こちらは対岸への距離が長い上に水深も深いため、開通には時間がかかる見込みです。

「過去」の姫海島の詳細について

「過去」の姫海島の詳細を知りたい方は是非こちらの動画をご覧ください。