特急「ゆうなみ」

姫海駅に停車する特急ゆうなみ 姫海富田城を横目に走る 妹紅の森駅を通過 大運河を渡り、はたて橋駅を通過する 白石時計台の前を通過する 姫海白石駅に停車 白姫線に乗り入れ、非電化単線路線を走行する 犂谷温泉駅に入線する特急ゆうなみ 吉良内部駅に近づく 波賀島シーサイドを通過する 終点・姫ヶ丘駅の3階ホームに停車する
 
(画像をクリックすると拡大します)
使用車両キハ181系
ゆうなみ色
両数6両
速度100km/h
運行頻度1本/2時間

姫海から姫海白石を経由し、白姫線を通って姫ヶ丘へと繋がる特急列車。姫海中心部から白姫線の主要駅へ直通する列車としての役割をもつ。
A21C時代、白姫線内は犂谷温泉駅のみ停車だったが、A9時代より吉良内部駅にも停車するように設定された。

なお、余談であるがこの特急の採用列車はキハ110形(秋田リレー風に塗装変更)、四国2000系と変遷を遂げ、最終的にこの列車に落ち着いている。

停車駅